Skip To Main Content

入学のご案内

マリスト国際学校(MBIS)にご興味をお持ちいただきありがとうございます。こちらでは出願からご入学までの手続きについてご案内します。お子様にとって最善な学校環境を選ぶのは、特に海外から移住してこられるご家族にとっては簡単ではないでしょう。ご不明な点や質問などがありましたらどうぞお気軽にお問い合わせください。学校見学も受け付けておりますので、直接キャンパスをご覧いただきMBISの雰囲気をどうぞ肌で感じてください。

MBISは3歳児クラスから12年生(高校3年生にあたる学年)を擁する私立校です。1951年の創立以来、卒業生は国内外の大学へと飛び立ってきました。1972年にWASC認定(ウェスタン・アソシエーション・オブ・スクールズ・アンド・カレッジズ認定)を受け、2017年には国際バカロレア(IB)認定校となりました。単に厳格というだけでない、創意工夫あふれた教育を提供できるよう力を注いでいます。生徒の人格形成を見守り導く総括的なアプローチこそが、「マリストの生徒は他と違う」と言われる所以に他ならなりません。個々の人格の醸成そしてそれを見守るコミュニティこそが、マリスト精神の礎となるものです。

授業は主に英語で行われますが、年長クラスから12年生まで日本語コースも必須科目として提供しており、日本語初心者からネイティブレベルまで網羅しています。カリキュラムはカリフォルニア州基準に適合しており、世界的に認められている国際バカロレアのディプロマプログラムを11年生と12年生において実施することで高等教育を修了します。

MBISは生徒数約350名の小さな学校ではありますが、生徒の出身地は30ヵ国以上に渡ります。インターナショナルスクールとして様々な文化背景からなる多様性をたたえ、肌の色や信条、宗教などに基づいて誰も差別されません。規模の小さい学校ですので、多岐にわたる事情に応えることが難しいこともあります。しかしながら、ご応募いただいたお子様の幅広いニーズを綿密に検討し、学力および発達の両面において公平かつ適切に対応するよう努めています。

ご入学にあたり、保護者の方々にMBISの教育理念と方針をご理解いただくことは非常に重要だと考えています。保護者の方々のご協力は、教育において不可欠だと考えているからです。子どもたちの成長のあらゆる側面をサポートいただき学校とともに歩んでくださるようどうぞご支援をお願いいたします。